MENU

 無事にホテルに入る事ができた専門学生は、ルックスもまずまずって感じでした。
ちょっとムチッとした彼女の肉体が物凄くエロチックに感じちゃって、チンコが半端じゃないほどの勃起をしてしまいました。
「もうコチコチなんだ」
「全然してなかったからねぇ、見てみる?」
「ええっ…恥ずかしいなぁ…」
ズボンとパンツをおろして天を仰いでいるチンコを彼女にみせつけて行きました。
「すっごい立派…」
そう言うと柔らかい手で包み込んでくれて、手コキを始めてくれたのです。
半端じゃないほどの欲求不満状態だったので、これだけでもやばいぐらいの快楽を感じてしまいました。
これで発射したらもったいないですから、彼女の服を脱がしていったんです。
素晴らしいエロい肉体を持っていって、夢中になってオッパイにしゃぶりついて手マンもしていきました。
「はぁああっ、あん、ああっはぁあん」
とてもエロチックな声を出しながらオマンコをたっぷりと濡らして感じてくれるのです。
シックスナインになって性器を舐め合い、そして正常位で突っ込んでしまいました。
とても激しく動かし続けちゃって、無類の快楽を味わい続け豪快に射精をしていったのでした。
セックスの後はシャワーを浴びてベッドでのイチャイチャタイムも楽しみ、何だか恋人みたいな雰囲気で楽しむことができてしまったんです。

優良出会い系サイトのセフレアプリだったら、マジでいけるっていうのがこれでばかりました。
他のJメールとワクワクメールでもセフレを探してみることにしたのです。
この専門学生とはかなり仲良くなることができて、その後もセックスを続けることになりました。
そして新たなセフレを探すために、二つの出会い系で相手探しをしていく事に。